スペイン旅行

必読【スペインのスリ】バルセロナ・マドリードで遭った手口とスリ対策!場所別の注意点

スペインのスリ!バルセロナ・マドリードでのスリ対策と実際に遭った手口
  1. スペインで実際に遭遇したスリの手口
  2. スペイン旅行で必要なスリ対策
  3. 被害の多い場所と場所別の注意点
montana
montana
Holaオラ~!心配性でスリ対策に余念のないmontana(@Barcelonar08013)です。

スペイン旅行で注意が必要なスリ。

残念ながら、日本人観光客がターゲットになりやすいのは事実。

慎重に過ごしている私たちも、未遂を含むスリに遭っています。

実際に、夫はスリ被害に遭ってしまいました。

心配性で慎重派の私は、今のところ盗られたことはありませんが、

少し気を抜けば、簡単に盗られてしまうのがスペイン旅行での現実です。

ただ、スリに怯えて旅行を楽しめなくなるのは悲しいですよね・・・

この記事で、実際に遭遇したスリの手口とスリ対策をまとめています。

スリ対策と同時に、もし盗られてしまった場合に被害を抑えることも重要です。

スリの手口を知っていれば、対処できることも増えます。

出来るものから取り入れてみてくださいね。

montana
montana
慎重派の私がおすすめする簡単なスリ対策で、スペイン旅行を楽しんでくださいね。

【実際に遭ったスペイン(バルセロナ・マドリード)でのスリ手口】未遂に終わったときの理由も考察

  1. バルセロナでケチャップスリ
  2. マドリードで署名スリ
  3. マドリードでiPhone盗難

私たちが未遂を含めて遭遇したスリの手口は、全てスリの犯人に話しかけられています

私たちの実例を見ると、ガイドブックに載っている手口が、本の中の話ではないと感じてもらえるのではないでしょうか。

実際に遭ったスリの手口ではメトロでの実例が含まれていませんが、実際は、

メトロでのスリ被害がかなり多い!!

あの手この手と隙をついてくるのが、スリの犯人です。

実際に遭った、スリの手口3つをお伝えします。

(全て別の機会に遭遇です。)

1.【バルセロナ到着30分でケチャップスリ】未遂に終わった理由

初めてのスペイン、初めてのバルセロナ。

到着30分で有名なケチャップスリを体験しました笑。

場所 バルセロナのスペイン広場(Plaza españa)
手口 ケチャップスリ

スペイン広場でバスを降りてすぐ、ケチャップスリの被害に。

このときは、友人のおかげでスリ未遂に終わっています。

+ タップしてケチャップスリの詳細を読む

空港からバスに乗り、スペイン広場へ。

友人が迎えに来てくれたこともあり、earobus(空港バス)ではなく、普通の市バスを利用。

今思えば、この選択が失敗だったと思います。

スーツケースなど荷物の多いときは、空港からの移動はできるだけearobus(空港バス)やタクシーを利用しましょう。

空港からの市バスやメトロは要注意区間です。

スペイン広場でバスを降りてすぐ、ケチャップスリに遭遇!!

バスの階段を降りて進もうとしたとき、突然、1人の男性が私を指さしながら歩いてきます。

しかも、何か話しながら。

一瞬、ん?と思ったものの、さらに近づいてくる男性が私のポケットを指さしていることに気づきます。

無意識にポケットを触ってしまうと、何か汚れてる!手にべったりとケチャップ(実際はマヨネーズ?)のようなものが付着。

ここまでほんの一瞬。

ケチャップが手についた時点で、私はかなり動揺しています。

さらに男性が私に近づいてきたとき、友人がスペイン語で撃退してくれました。

おそらく、この撃退がなければ、私たちは新婚旅行・到着30分でスーツケースを盗られていたと思います。

こわい。

この後、しばらく心臓のバクバクが収まりませんでした。

男性たちが去ったあと、落ち着いて歩き出すと、夫の背中にケチャップがたっぷり!笑

狙われていたのは、スーツケースを持っていた夫だということがわかります。

私たちが狙われたのは、バスを降りてすぐ。

しかも、後ろからケチャップをかけられました。

これはあくまで推測ですが、スリの仲間がバスに乗車していた可能性もあります。

もしくは、バス停付近で待っていた。

どちらにせよ、バスの降り口近くにいる手ぶらの人は怪しいと思ってください。

ケチャップスリの対処と注意点
  1. 怪しい人・話しかけてくる人がいたら無視する
  2. NOをはっきり言う

私はガイドブックを読んでいたため、ケチャップスリの手口は知っていましたが、本当に汚れていて少し焦ってしまいました。

犯人は本当に服やバッグも、気にせず汚します。

とにかく焦らず、話しかけられたら無視。

montana
montana
どうしても避けられない場合は、No!をしっかり言いましょう。

2.マドリードで署名スリ未遂

場所 マドリード・ベルナベウ付近
手口 署名スリ
状況 子連れで観光、フリーWiFiスポットで通話中。

レアルマドリードの本拠地・べルナベウのスタジアムツアーを終え、徒歩移動中。

信号付近のフリーWiFiスポットでLINE通話をしていました。

ここで、初めて署名スリに遭遇。

この時は通りすがりのスペイン人に助けられ、スリ未遂に。

私が電話に気を取られていて、もう少しで夫はクレジットカードを盗られるところでした。

+タップして署名スリの詳しい状況を読む

信号付近のフリーWiFiスポットでLINE電話をしていた私たち。

正確には、私が子どもの横で通話中。

そこに話しかけてきたのが、紙とペンを持った2人組の女性。

私が通話中だったこともあり、夫が話を聞いています。

さらに、もう1人が執拗に私に話しかけてきます。

本来なら、怪しさ全開のこの時点で、スリだと気付くはず。

しかし、

子どもと手をつないで通話中だった私は、早くこの場を終わらせたいという気持ちから、紙に目を向けてしまいます。

すると、

目に留まったのは、車イスマーク。
福祉関係の署名かな?と思い、早く切り抜けたい一心でペンを手に取ってしまいます。

とにかく名前を書いて切り抜けようと、署名用紙のあるバインダーに手を置いたその時。

信号に向かって歩いているスペイン人男性がコンコンとバインダーを叩き、「No!」と言って過ぎ去ります。

まさに、颯爽と。

この瞬間、冷静に戻れた私。

次の瞬間、あ!と夫を見ると、財布を出そうとしています。

すぐに夫の手を止め、事なきを得ました。

少し落ち着いてから、財布を出そうとした理由を尋ねると、

「クレジットカードの確認・・・」

まさに、絶対怪しいやつでした。

署名スリの対策と注意点
  1. 話しかけてくる人は無視する
  2. 財布は絶対に出さない
  3. 通話など気を取られるときは場所に気を付ける

話しかけてくる人は怪しいと思って無視します。

人の多い場所、観光スポット近くでの通話やLINEなど、スマホを利用すると気を取られてしまうため危険です。

私たちはこの日、WiFiレンタルを持ち歩いておらず、人通りの多いフリーWiFiスポットで通話することになってしまいました。

(何が起こるかわからないため、WiFiを忘れてしまった場合も、可能であれば滞在場所へ取りに帰る方が良いかと思います。)

montana
montana
とにかく、一瞬の隙を狙ってくるのがスリの犯人!

3.マドリードでiPhoneを盗まれた

場所 マドリード・ソル広場付近(Plaza sol)
手口 話しかけて気を引く
状況 ソル広場付近を歩いていた

マドリードでiPhoneを盗まれた実際のスリ被害です。

夫は比較的、自分は大丈夫!と思ってしまうタイプ笑。

やはり、大丈夫と安心してしまうのは危険です。
+タップしてiPhoneスリの詳しい状況を読む

ソル広場付近で、日本語で話しかけてきた男性。

知っている言葉が出てきて嬉しくなったのか笑、夫は返事をしてしまいます。

少しスペイン語がわかったことも、裏目に出たのかもしれません。

話がはずみ、ハグをして別れたそう。

(なんでハグするかな・・・( ;∀;))

あとはもうよくある手口。

この男性がバイバイと去ったあと、ポケットに入れていたiPhoneがなくなっていました。

旅の終盤だったため、せっかくの写真も全て失うことに涙。

iPhone盗難の対策と注意点
  1. 話しかけてくる人は無視する
  2. ポケットには何も入れない

私たちが未遂を含むスリ被害に遭遇した手口は、全て話しかけられています。

話しかけてくる人は無視する、これが本当に大事。

montana
montana
話しかけてくるのは、怪しい人!!これだけは覚えていてね!

【スペイン旅行のスリ対策】気をつけるポイント5つ

  1. 多くの現金を持ち歩かない
  2. 話しかけられても無視する
  3. バッグは前
  4. 人混みを避ける
  5. セキュリティポーチ・チェーンなどを使用

簡単にできる基本的なスリ対策です。

1.多くの現金を持ち歩かない

多くの現金を持ち歩くのはやめましょう。

スペイン旅行では、クレジットカードが一般的に利用可能。

多額の現金を持ち歩くことなく、観光できます。

montana
montana
出来る限り、クレジットカードでの支払いがおすすめ。

2.話しかけられても無視する

基本的に、現地スペイン人が街中で話しかけてくることはほとんどありません。

montana
montana
何か話しかけてくる人は、基本怪しいと思って対処しましょう。
また、何があっても財布は出さない!

よく言われているニセ警官など、財布を出させてスリを行う手口も豊富です。

絶対に出してはいけません。

3.バッグは前で持つ、または手で押さえる

バッグは前に持つか、すぐに手で押さえられるようにしておく。

知らない間にファスナーを開けられ、中のものを盗られてしまいます。

しっかり、バッグを手で押さえておくのも大事です。

1番おすすめはショルダーバッグ。

出来れば、体にぴたっとくっつくタイプがおすすめ。

リュックを使う場合は、

前に下げるまたは、ロック(南京錠)を利用しましょう。
montana
montana
最近は子連れでリュックが欠かせないから、ロックをかけて注意しているよ。
  • リュックのファスナーにはロック
  • 貴重品はリュックに入れず、セキュリティポーチに分けておく

4.セキュリティポーチ・チェーンなどを使う

  • 貴重品はメインバッグではなくセキュリティーポーチへ
  • スマホはチェーンやストラップで繋ぐ

街中でスマホや財布を出すときは、できればチェーンやストラップでバッグに繋げておくと安心です。

iPhone(スマホ)の引ったくりも多発しています。

首から下げると疲れてしまうため、私は基本的にバッグに繋いでいます。

100円ショップでストラップ・チェーンを用意することができ、バリエーションも豊富です。

スリ被害に遭わないのが1番ですが、被害に遭ったとき、

被害を最小限に抑えることも大事です。

ショルダーでもリュックでも被害に遭ってしまった場合、そこに貴重品が入っていなければ、スリ被害を最小限に抑えることができます。

やはり、盗られて困るのがクレジットカードとパスポート。

montana
montana
カードとパスポートは、セキュリティポーチに忍ばせておこう!

また、被害を最小限に抑えるため、

  • 必要のないカード類を持ち歩かない
  • 運転免許証・保険証は持って行かない

最初から、持ち歩かないことも重要です。

スリ被害で多いのが、財布に入っていた日本の運転免許証や健康保険証も一緒に盗まれてしまうこと。

日本の保険証は海外では利用できません。

海外旅行で車を運転しないのであれば、免許証も必要なし。

基本的に不要であれば、日本から持参しないようにしましょう。

スペインでのスリは、体につけているセキュリティポーチまで狙うことはほとんどありません。

貴重品が見えないようにセキュリティポーチを利用するのが簡単かつ有効なスリ対策です。

montana
montana
私は必ず飛行機を降りるときに、セキュリティポーチを装着するよ!

5.人混みを避ける

  • 人混みや、人の多いメトロは避ける
  • やむを得ない場合はバッグを抱える

人が多く集まる観光地など、人混みはスリが多発しやすい場所です。

人混みを避けるのがベスト!

やむを得ず人の多いところへ行くときは、バッグを抱える・手で押さえるなど、しっかりガードしておきましょう。

または、荷物を減らすのも1つです。

montana
montana
人混みや人の多いメトロは、スリが多発!できれば避けたいね。行くときは、バッグをしっかりガードして!

次は、被害の多い場所と、各場所での注意点を細かく見ていきましょう。

基本的な対策が出来ていれば安心ですが、さらに場所別の対策にも目を通しておくと、実際の観光中に注意することができます。

【スペインのスリ】被害の多い場所と場所別の注意点

  1. メトロ
  2. 観光スポット
  3. カフェやレストラン
スペインでのスリ被害が特に多いのは、やはりメトロ!

これはスペイン以外のヨーロッパの国でも言われていることです。

バルセロナやマドリードはもちろん、国や都市を問わずメトロの駅やメトロ乗車中は気をつけてください。

また、観光スポットなど人の多いところでも多発しています。

カフェやレストランなどは、置き引きが多発。

montana
montana
目を離すと一瞬で盗まれてしまうため、バッグやスマホの扱いに注意!

スリに注意1.メトロ

  • メトロ乗り降り時
  • メトロ乗車中はドア付近に立たない
  • バッグは前に抱える
  • メトロ構内で電車を待つときは壁に背中をくっつける
  • 待っているところと少しずれたドアから乗車する
  • エスカレーター利用時は前後に気を配る
メトロ利用時は特にスリに注意!

とにかく、メトロを利用するときは注意が必要です。

バルセロナのメトロでは、「スリに注意してください」と日本語でアナウンスがあるほど。

日本人はそれだけ狙われやすいのです。

特に注意すべきは、乗り降りするとき。

人がバタバタと移動するため、バッグはしっかりと手で抱え注意が必要です。

駅で待っているときも、壁に背中をつけるようにして立ち、スリの犯人に後ろに立たれることがないようにしましょう。

海外旅行に慣れていない方は、メトロの待ち時間でもスマホの使用は避けるのが無難です。

車内では、出入りのあるドア付近が最も危険

乗車中はできるだけ座席のある奥の方へ進み、ドア付近には立たないようにします。

  • 自分の周りだけ混んでいる
  • 自分の近くに立っている人

など、メトロ車内では周囲の状況も確認しておきましょう。

montana
montana
車両と車両の連結部なども、ドアから離れているから危険が少ないよ。

エスカレーターも乗車時と同じように注意が必要。

前後を犯人に挟まれるということも。

ポケットもバッグも狙われています。

エスカレーターから出るときに、前の人が荷物を落として注意を引く手口も多いです。

慌ててしまいそうなシチュエーションですが、バッグや荷物をしっかり押さえ、その場を去りましょう。

montana
montana
とにかくスリが多いメトロ!
バッグは抱えて、目を離さないようにしてね!

スリに注意2.観光スポット

人の集まる観光スポットも注意が必要です。

スペイン主要都市の観光スポットは、特に注意!

バルセロナのサグラダファミリア、ボケリア市場、グラナダのアルハンブラ宮殿、サッカー観戦でのスタジアム付近なども要注意です。

見学に夢中になったり、写真に夢中になったり・・・。

気付けば隙だらけの観光スポット。

ここでも、バッグはできるだけ手で抱える、手で押さえておくのがベスト!

montana
montana
観光中も、話しかけて来る人には気を付けましょう。

スリに注意3.カフェやレストラン

残念ながら、カフェやレストランでも注意が必要!

日本のように、自分の荷物で場所取り・・・これは絶対にやめましょう。

席に着いているときも、スマホをテーブルに置くのは危険。

気付けばない!という悲しい事態が待っています。

また、カフェやレストランで着席中でも、バッグは体から離さないようにします。

足元や自分の後ろなどに置いていても、スリのターゲットに。

montana
montana
イスに荷物を置いたりかけたりせず、しっかり持っててね!

【スペインのスリ】バルセロナ・マドリードで遭ったスリの手口とスリ対策・まとめ

スペインのスリ!バルセロナ・マドリードでのスリ対策と実際に遭った手口

基本的なスペイン旅行でのスリ対策は、簡単なものばかり。

ぜひ、出来るものから取り入れてみてください。

montana
montana
個人的には、セキュリティポーチはスペイン旅行の必需品だと感じています。

例え、どんなバッグを選ぶにしても、

貴重品がそこに入っていなければ、被害を最大限に抑えることができます。

被害にあわないようにする対策と同じくらい、遭ってしまったときの被害を抑えるのも大事です。

  1. メトロ
  2. 観光スポット
  3. カフェやレストラン

スペイン旅行中は、特にこの場所に気を付けてください。

montana
montana
バッグは肌身離さず、人が多い場所にも注意してね。

ここまで書くと、一体どんなに危険なところなの?と怖くなってしまうかもしれませんが、スペインの治安はよく、日中の一人歩きも基本的には問題ありません。

そこは安心してください☆

とにかく、スリや置き引きに注意すれば大丈夫です。

ただ、

スリに気をつけないと・・・と、気を張りすぎて疲れてしまうと、せっかくの旅行も台無しに・・・。

そのための、スリ対策!

この記事で紹介したものは、すぐに取り入れられるものばかりです。

ぜひ、次のスペイン旅行に取り入れてみてくださいね。

montana
montana
簡単にできるスリ対策で、スペイン旅行を楽しみましょう!

以上、Barcelonarバルセロナール・スペインのスリについてでした!

スペイン旅行の準備はこちら♪
\初めてのスペイン旅行や子連れスペインに♪/
スペイン旅行完全ガイド!子連れスペインも安心!
\スペイン旅行におすすめのWiFiレンタル/
スペイン旅行におすすめのWiFiレンタルと選び方
\スペイン好き・スペイン語が気になる方はこちらも/

バルセロナール
ブログ更新のお知らせもTwitterで行っています。

スペイン旅行や子連れスペインなど、何か気になることがあれば、TwitterのDMまたはブログのお問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

素敵なスペイン旅行になりますように

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA