Amazonブラックフライデーセール開催中 》

【簡単】Wise(ワイズ)マルチカレンシー口座の作り方から入金方法まですべて解説

Wiseマルチカレンシー口座の設定方法と作り方

Wiseのマルチカレンシー口座とは、Wiseアカウント内で各通貨を有効化して利用するものです。

Wiseアカウント登録後に設定することで、海外通貨の口座情報を取得でき、さらに便利な使い方が増えます。

ただ、便利だとわかってもと仕組みがわかりにくいですよね。。

アカウント登録が終わってもまだ何か設定が必要?と、私も最初は不安でした。

Wiseに登録後、アカウント内の各通貨を有効化することで、日本にいても海外にいても海外通貨や日本円の使い道が広がります。

留学や駐在など海外在住者のためだけでなく、海外旅行者にとってもお得な使い方ができるため、世界中で利用されているのがWise(マルチカレンシー口座)です。

Wiseマルチカレンシー口座でできることを簡単にまとめると、

  • 留学や駐在で海外通貨の送金手数料がお得
  • 海外旅行時に両替を気にせず決済
  • 海外ATMで現地通貨の引き出し
  • 現地口座のように利用(一部通貨)

イメージがつきにくいかもしれませんが、海外に行く予定のある方や、外貨の受け取り・送金をよく行う方はWise内の設定を済ませることで無駄なコストを省くことができます。

Wiseアカウントの開設だけでも海外送金は可能。
Wise内での設定を行うと、さらに海外通貨の受け取り・送金が手軽でお得になります。
日本円で海外送金だけを行いたい方は、まずアカウントの開設だけでOKです。

また、Wiseデビットカードを発行することで、現地通貨でショッピングの決済をできたり、自動的に両替して決済してくれたりと海外旅行での手数料も抑えることが可能です。

この記事では、実際にマルチカレンシー口座で外貨の受け取り・送金を行っている私が、設定から入金方法まですべて解説します。

すぐにマルチカレンシー口座の設定を読みたい方はこちら。

\まずはアカウント登録/

タップで読める目次

【図で解説】Wiseマルチカレンシー口座とは?世界中で使える便利すぎる電子マネー口座

Wiseマルチカレンシー口座の最大の魅力は、設定を行うだけで世界中の多くの通貨を利用できるようになることです。

  • 海外で現地口座の開設に苦労しなくて良い
  • 海外との通貨のやり取りが簡単
  • 海外通貨の送金手数料がお得
  • 海外ショッピングでも両替を気にせず決済可能
  • 海外ATMで現地通貨を引き出せる

Wiseアカウントは電子マネー口座ですが、海外の口座情報を取得でき、利用の幅が広いのが特徴です。

銀行とは異なりますが、法律上により別口座でお客様の資金を保管する義務があり「セーフガード・ファンド」と呼ばれる資金で保護しています。Wiseの安全性について先に見る

留学やワーホリで必要な現地口座。海外での銀行口座の開設は一筋縄ではいきません。

Wiseのマルチカレンシー口座の設定を行うと、わざわざ現地口座を開設することなく、現地の銀行と同じように外貨の受け取りや送金を行うことができます。

なんとなく、便利なイメージがつかめてきたでしょうか。

世界で使える口座といっても自分には不要では?と感じるかもしれませんが、留学や海外滞在だけでなく海外旅行でも大きなメリットを発揮します。

日本にいながら外貨を受け取れたり、海外旅行で海外ATMから現地通貨を引き出せたりと、どこに住んでいても外貨の取り扱いがスムーズです。

  • 海外取引手数料や法外な為替レートを気にせず利用可能
  • 同通貨の受け取りは手数料なし
  • 一部通貨で口座情報の取得
  • 19通貨以上でアカウントにチャージでき、50通貨以上を保有可能

Wiseのデビットカードと組み合わせることで、海外ショッピングや現地通貨の引き出しなどのメリットを受けられるため、一緒に発行しておくのがおすすめです。

多くの銀行で、海外通貨を取り扱うには口座維持費などが必要ですが、Wiseは年会費・口座維持費ともに無料。

保有・受け取り・送金・決済と、ありとあらゆる場面で利用できます。

海外通貨の口座情報を取得し、現地口座のように使える点が大きな特徴です。

Wiseマルチカレンシー口座の作り方・設定方法【これだけでわかる】

WiseのアプリやWeb上では、マルチカレンシー口座の設定とは書かれていません。

「通貨を有効にする」と書かれているので、注意してください。

  1. Wiseアカウントを登録
  2. アカウント内の通貨を有効にするためアカウントにチャージ
  3. 口座情報取得のための本人確認

Wiseアカウントに登録し、アカウント内の通貨を有効化していきます。

すでにWiseアカウントに登録済みの方は、手順②からです

STEP
Wiseアカウントに登録

アカウント登録がまだの方は、Wiseに登録します。

Wise公式サイトへ

STEP
Wiseにログインして通貨を選択

Webとアプリで表示画面が異なりますが、基本的には同じ操作方法です。

Wiseにログインし、管理→口座情報(アプリの場合はアカウント→口座情報)へ。

アプリのときはアカウント→口座情報へ。

Wiseアカウントにログインし通貨を選択

有効化したい通貨を選択します。

(私が行ったときは、1通貨を有効化すると、いくつかの通貨で口座情報が付与されました。)

Wiseにログインして通貨を選択

続行へ進みます。

Wiseで口座情報を取得する
STEP
アカウントにチャージ

通貨を有効化するために、アカウントにチャージしていきます。

このときにチャージした分は、そのままアカウント内に追加されます。
(Wiseに取られてしまうことはないので安心してください。)

Wiseへ資金をチャージして通貨を有効化する

続行して入金方法を選択。

銀行振込の場合、入金時にかかるWiseの手数料は0円です。

(注意点として、振込手数料は自己負担です。)

選択した方法でWiseへ入金します。

Wiseへ入金方法

振込が完了したら、次へ進みます。

Wiseへの振り込みを完了する

入金確認中と表示されます。

Wiseの通貨を有効化するためチャージ中

入金確認が終わると、Wise内のJPY口座へ残高として追加されます。
(チャージ分は自由に使用可能)

Wiseのアカウントを有効化するためにチャージ後、残高に入金される
STEP
口座情報取得のため本人確認を行う

取得したい通貨を選択し、口座情報へ進む。

Wise内でユーロを有効化する

続行をタップ。

Wiseで口座情報を取得

ご本人様確認を行うをタップ。

Wiseアカウント登録時にマイナンバーなどによる本人確認を終えていない方は、ここで個人情報の提出が必要になることがあります。
その場合は表示された内容に沿って進めてください。

Wiseのアカウント内通貨を有効化するために本人確認を行う

Wiseの利用目的を選択します。(もちろん、選んだ使い方以外での利用も可能です。)

Wiseの利用目的を選択

本人確認を終えると、口座情報を取得することができます。

Wiseの通貨を有効化で本人確認を完了

完了後、選択した通貨の口座情報が付与されます。

次に、取得した口座情報の確認方法について見ていきましょう。

すぐに必要でない場合は、ここまででOKです。

Wise(ワイズ)海外の口座情報の取得と確認方法【通貨を有効化】

マルチカレンシー口座の設定と入金が完了すると、海外通貨の口座情報を取得することができます。

Web版での口座情報の確認方法へ

アプリでの口座情報の確認

STEP

アプリ内の一番下にあるアカウントをタップし、口座情報へ進む。

Wiseアカウントで口座情報を確認する
STEP
口座情報を確認

確認したい通貨を選択し、口座情報を確認します。

Wiseの口座情報を確認したい通貨を選ぶ

通貨を受け取りに利用するときは、送金側に伝える口座情報は相手側が同じ通貨圏内なのか通貨圏外なのかを選択して表示してください。

EURの場合は、送金側がEU加盟国とSEPA圏内か圏外によって口座情報を選択します。

Wiseアプリで口座情報を確認する方法

Webでの口座情報の確認

STEP
ログインして通貨を選択

ログインして管理へ進む。残高に表示されている各通貨をそのまま選択してもOK。

Wiseにログインして口座情報の確認

口座情報を確認したい通貨を選択します。

Wiseアカウントで口座情報を確認する方法
STEP
口座情報を確認

ここでは例としてAUD口座情報を選択しています。

ほかの通貨も同じように表示されます。

通貨を受け取りに利用するときは、送金側に伝える口座情報は相手側が同じ通貨圏内なのか通貨圏外なのかを選択して表示してください。

AUDの場合は、送金側がオーストラリア内かオーストラリア外かによって口座情報を選択します。

Wiseの口座情報を表示

Wiseへの入金方法【マルチカレンシー口座へのチャージ】

Wiseマルチカレンシー口座への入金は、Wiseアカウントへのチャージとして行うことができます。

ここでは利用したい通貨を選択していますが、日本円をチャージし(日本の銀行口座を持っている方)、チャージ後にアカウント内で別の通貨への両替も可能です。

海外送金に使いたい資金を入金するときは、海外送金の手続き中に入金することができます。

Wiseでの海外送金の方法はこちら

Wiseへの入金方法

STEP
アプリまたはWebでチャージしたい通貨を選択

通貨を選択し、追加をタップ。

Wiseへの入金方法・チャージの仕方

アカウント発行国の通貨と異なる通貨を選択した場合、「別の入金方法で資金をチャージする」を選択。

Wiseへユーロやドルをチャージする

入金額を入力します。支払い額のところで入金に使う通貨も選択。

Wiseへの入金額(チャージ額)を入力

支払い通貨に両替された金額で表示されます。

続行で次へ。

STEP
送金目的を選択

送金の目的に近いオプションを選択し、送信。

Wiseでの入金目的に近いものを選択
STEP
入金方法の選択

銀行振込またはデビットカードを選択します。

基本的には銀行振込の方が手数料はお得です。

Wiseへの入金方法を選択
STEP
銀行振込で入金

記載されている振込先に入金し、確認後にアカウントにチャージされます。

どの通貨を入金するときでも、この方法でチャージします。

Wiseの口座情報(10種類の海外通貨)を有効化しておくと、口座情報を利用して入金することも可能です。

このときは、口座情報と同じ通貨でのみ入金できます。

Wiseマルチカレンシー口座の手数料について

Wise利用時にかかる手数料は、利用通貨や利用額に応じて異なります。

同通貨の受け取りは手数料不要です。

アカウント開設国によっても少し違いがあるため、手数料の計算ページでの確認がおすすめです。

Wiseの手数料確認
公式手数料ページで確認する

また、実際に送金や両替を行う手順で、手数料を確認することもできます。

確認後に手続きをやめられるので、手数料チェックだけでも利用可能です。

手数料の確認なしで手続きを完了することはないので、安心してください。

Wiseマルチカレンシー口座は海外で引き出しできる?

Wiseマルチカレンシー口座はデビットカードを利用することで、海外での引き出しが可能。

マルチカレンシー口座のメリットを最大限に活用するには、Wiseデビットカードの発行がおすすめです。

Wiseマルチカレンシー×デビットカードがメリット大。

Wiseデビットカードを見る

Wiseマルチカレンシー口座と銀行との違い・Wiseの安全性について

  • 銀行口座ではなく電子マネー口座
  • 金融サービス補償機構(FSCS)のような金融保証制度がない(Wiseによるセーフガード)
  • 口座に利息はつかない
  • 日本円の口座情報は利用できない(2022.10月執筆時点)

Wiseは銀行口座ではなく、電子マネー機関です。

銀行口座で受けられる金融保護制度の対象外となります。

ただ、電子マネー機関であっても、法律によりビジネスで使用している口座とは完全に別の口座でお客様の資金を保管する義務があります。

Wiseで保有する資金は、Wiseが別の口座で保有する資産によって支えられているのです。

公式ページで詳細を見る

また、日本円の口座情報は使用できず、日本円を受け取るときはほかの通貨とは少し方法が異なります。

それを考慮しても、海外送金や外貨の受け取りでの自由度は高く、外貨の移動では欠かせない方法です。

Wiseは送金サービスとされているだけあり、手数料を抑えて自由に資金移動ができるなど、海外送金や受け取りで大きな強みを発揮します。

毎回の両替手数料を考える必要はなく、無駄な心配をせずに過ごせますね。

口座情報は内容がややこしいため、何かありましたら個別にTwitterDMか当サイトのお問い合わせより、ご連絡ください。

Wise公式サイトへ

【Q&A】Wiseマルチカレンシー口座へのよくある質問(細かな点も解説)

Wiseのアカウント登録やマルチカレンシー口座の内容はややこしく、読者様やフォロワー様よりお問い合わせをいただく機会が増えております。

私自身が迷ったところや、いただいた質問をもとによくある質問を随時追加しているのでぜひ参考にしてください。

Wiseと銀行との違いは何ですか?Wiseで資金を保有するのは安全ですか?

銀行とは異なり、法律によりお客様の資金を完全に別口座で保管する義務があります。「セーフガード・ファンド」と呼ばれる資金で、お客様の資金を安全に保護しています。

銀行との違いとWiseの安全について詳しく見る

Wiseマルチカレンシー口座でできることは何ですか?

10通貨の口座情報を取得でき、海外にある現地口座のように利用できます。

外貨の受け取り、保有、送金などの手数料を抑えることが可能。デビットカードと組み合わせると、海外旅行でも便利に使用できます。

Wise(ワイズ)マルチカレンシー口座とは何ですか?

Wiseアカウント内に、一部海外通貨の口座情報を取得することができます。(※銀行口座のようなものですが、正確には電子マネー口座。ただ、海外の銀行口座のように受け取り・送金・保有・決済が可能です。)

Wiseアカウントに登録後、通貨を有効化(マルチカレンシー口座の設定)することで使用できます。

Wiseマルチカレンシー口座の設定方法は?

Wiseアカウントに登録後、通貨を有効化することで使えるようになります。
設定方法はこちら

Wiseアカウントとマルチカレンシー口座の違いは?

Wiseアカウントを取得すると、Wiseの海外送金が利用可能になります。マルチカレンシー口座は、Wiseアカウント内にある電子マネー口座です。(※一部の海外通貨の口座情報を取得でき、外貨の受け取りなどが行えます。)

Wiseマルチカレンシー口座への入金方法は?どうやって送金すればよいですか?

「資金のチャージ」から行えます。チャージの場合は、Wiseアカウントの本人名義の口座からのみ可能です。

入金方法をくわしく読む

Wiseマルチカレンシー口座は海外でも使えますか?

もちろん海外でも使えます。海外の通貨口座を取得できるため、現地の銀行口座のように現地通貨の受け取り・送金・保有・決済が行えます。

Wiseデビットカードを利用すると、さらに便利です。

英・米・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・マレーシア・日本・スイス・欧州経済領域(EEA)に居住の方がマルチカレンシー口座を利用できます。

Wise公式サイトへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読める目次