スペイン語☆おすすめレッスンはこちら →

【レンフェ】エラーを防ぐ4つの回避方法!

この記事では、スペイン鉄道レンフェ予約時によく発生するエラーと、エラーを事前に防ぐ方法をお伝えします。

実際の予約時に起こったエラーを中心に解説。

公式サイトでの購入をスムーズに進めるため、抑えておくべきポイントをまとめています。

モンタナ

よく起こるエラーは決まっているので、簡単な回避方法をチェックしてね。

タップで読める目次

【レンフェ(Renfe)】起こりやすいエラー

  • サイトが不安定(文字化けや表示のズレ)
  • サイトが落ちる(フリーズなど)
  • クレジットカード決済ができない

スペイン鉄道レンフェのネット予約は、サイトが不安定になりやすく予約時にエラーが起こりやすいです。

予約を進めていくと文字化けや表示崩れなどが起こってしまい、進めることができなくなることがあります。

決済時のクレジットカードエラーも多く、購入者にとっては悩ましい問題です。

3つのエラー回避方法

  1. スペイン語表示のまま予約
  2. 検索するブラウザを変更
  3. 支払い方法に注意

レンフェの予約を行う場合、サイトが安定しているかがとても重要です。

サイトの安定なんてどうやって見極めるの!?と思うかもしれませんが、安定していない場合・・・すぐにわかります笑。

読めない文字やサイトが固まるなど、初めての予約でも気づくことができます。

スペイン語表示で予約を進める


レンフェサイトの表示言語は、スペイン語のまま予約を進めます。

英語表示でトライすると、翻訳できない単語や記号が混じっていたり、中国語のような漢字が混じっていたり・・・予約を進めていく段階で、表示の崩れにすぐ気付くと思います。

montana

英語のまま進めることもできますが、途中で落ちることや支払い画面で失敗することが多かったよ!

料金を比較する為に何度も検索していましたが、スペイン語表示が最も安定

英語表示だと変な文字が混ざっていたところも、スペイン語に切り替えると問題なく表示されていました。

montana

スペイン語だと難しく感じるけど、日本語でRenfeチケット予約方法を徹底解説したよ♪

安心して予約を進めてくださいね。

エラーが続く・スペイン語がわかりづらい場合は、レイルヨーロッパ(RAIREEUROPA)公式サイトから日本語で購入することが可能です。

予約手数料がかかりますが、一律定額であるため一度にまとめて購入することをおすすめします。
(手数料は公開されていませんが、おそらく約1500円程のようです。決済時にご確認をお願いします。)

【公式】レイルヨーロッパRAILEUROPA

ブラウザの変更

Google chromeに変更

サイトが安定しにくい場合、検索するブラウザを変えるとスムーズに進むことがあります。

montana

私の場合、FirefoxからGoogleに変更したら、サイトが安定したよ!

Firefoxで不安定だったため、Google Chromに変更し手続きを進めると、文字化けなどがなくなりました。

使用しているブラウザで安定していない場合、別のブラウザに変えて試してみてください。

ただ、あくまでも実体験に基づきます。
当てはまらない場合があることもご了承ください。

また、現地の営業時間内に手続きする方が安定していたように思います。

もし、購入が滞った場合、時間帯を変えてトライしてみるのも1つの方法です。

支払い方法に注意【最も多いのがクレジットカードエラー】

  • 決済方法はPaypalがおすすめ
  • カードブランドの変更
  • VISAの場合、本人認証を事前に登録しておく

レンフェのエラーで最も多いと言われているのが、クレジットカード決済時のエラー!

これも経験済みです笑。

せっかくここまできたのに…と、本当に落胆してしまいます。

montana

支払い方法の選択やクレジットカードの事前設定をしておくことで、この落胆を防ぎましょう♪

PayPalのアカウントをお持ちの場合は、PayPalを選択すると決済がスムーズに進むと言われています。

私は購入時アカウントを持っていなかったため、VISAのクレジットカードで決済しました。

この時も決済画面でエラーが出てしまい、購入時間帯を変え、3度目で無事に購入できました。

Paypal決済でも、クレジットカードによる支払いが可能です。

クレジットカード・デビットカード・銀行振替から決済方法を選択して登録できます。

アカウント取得も簡単なため、Paypalアカウントの登録をおすすめします。

montana

Paypalでの決済は、クレジットカードで支払いうのと変わりないね!

VISAの本人認証パスワードを登録しておくことが必須!

VISAを利用する場合、本人認証を登録しておくとエラーが出にくいです。

また、クレジットカードでエラーが出る場合、カードブランドを変更すると購入できた!ということもよくあります。

ネット上ではこのカードブランドが良い…というような噂も多く、一概にこのカード会社が良い!と言うのは難しいです。

私が実際に決済したのは、

  • VISAのクレジットカード決済
  • 本人認証も登録済

この方法で決済が完了しました。

VISAを利用する場合は、本人認証の登録を確認してみてください。

【レンフェのエラー】事前回避とエラー解決方法【まとめ】

  • スペイン語表記でサイトを安定させる
  • 支払い方法でPayPalを選択
  • クレジットカード(VISAの場合)の本人認証を事前登録
  • ブラウザやカードブランド・時間帯を変更する
スペイン語表記で予約を進めるのはエラー回避の必須項目です!

見慣れないスペイン語表記だと難しく感じてしまうかもしれませんが、スペイン語でのRenfeチケット予約方法を徹底解説しています。

montana

スペイン語の画面を日本語で解説しているので安心してね!笑

これから予約を進める方は、まず、

Googleで検索し、スペイン語表記で進める

これで、私のように無駄にしてしまう時間を減らすことができます。笑

クレジットカードの決済でエラーが出た場合は、ブラウザ・カードブランド・時間帯をそれぞれ変えて試してみてください。

エラーを事前に回避する3つの方法を実施して、Renfeチケット予約に取り掛かってくださいね。

スムーズに、レンフェの予約ができることを願っています。

あわせて読みたい
2022【レンフェrenfeチケット予約・購入方法】スペイン語公式サイトの買い方を解説! Renfe公式スペイン語サイトでのチケット購入方法を詳しく解説!エラーを防ぐ為にもスペイン語表記での購入を!購入時に迷った点を押さえました!!

予約ができない場合は、【公式】レイルヨーロッパで予約することも可能です。

その場合、1度の予約で全て購入する方がお得です!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップで読める目次
閉じる